金剛禅総本山少林寺神奈川県教区神奈川県教区長挨拶/役員紹介

教区長の挨拶

この度2020年度4月より神奈川県教区 教区長を仰せつかりました、秦野東道院 草山真紀夫です。2020年は少林寺拳法師家第3世の継承があり、意義のある新たな時代が始まりました。また、私としましてはこの時に神奈川県教区に於いて大役を任されたことを考えますと身が引き締まる思いです。

私は、神奈川県教区を信徒、道院長、小教区長と、互いに助け合い繋がりを強くもち温かく、そして風通しの良い教区にしていきたく、また、全国を引っ張っていけるような行動力のある教区にしたいと思います。

現在、コロナウイルスによる影響で社会が止まっています、今私達が求められているものは何でしょうか。今私達が出来ることは何でしょうか。自粛生活を求められている今、私達に何が出来るでしょうか。

私達は日頃より「守主攻従」の教えを実践しています。自分さえ良ければ、人はどうでも良いと考えることなく生活をし、社会生活に於いても秩序を乱すことなく自粛生活をしています。前に向かって歩み、今を生きることが大切です。これから社会がどうなるかわかりませんが、いついかなる時も平常心を乱すことなく行動に移せる準備をしていましょう。

今自分に出来ることは何かを常に問いかけ、行動に移せるそんな人間でいられるようお願い致します。

金剛禅は、自分を磨き社会をより良くするための教えです。私はこれから皆様と一緒に自他共楽の社会を作る為、自己研鑽を忘れず頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

金剛禅総本山少林寺 神奈川県教区
教区長 草山 真紀夫

2020年度 神奈川県教区 役員名簿

教区長 草山 真紀夫
副教区長 根岸 雄次
綾邊 和彦
事務局長 荒井 信章
会 計 中島 健
監 事 深澤 宏
間々下 祥平